定着率アップを図る制度を導入することでもらえる助成金

ここでは、評価制度や教育訓練を導入することでもらえる人材開発支援助成金の制度導入関連の助成金について説明させて頂きます。

人材開発支援助成金の制度導入関連の助成金とは、

①キャリア形成支援制度導入コース
・セルフ・キャリアドック制度
・教育訓練休暇等制度

②職業能力検定制度導入コース
・技能検定合格報奨金制度
・社内検定制度
を導入することによりもらえる助成金です。

これらの制度を導入することで、
職員の方の定着とモチベーションアップを図ることができます!

人材開発支援助成金(制度導入コース)

支給額・制度概要

  制度名 制度概要 助成額

キャリア形成支援
制度導入コース

セルフ・キャリアドック制度 一定の要件を満たしたセルフ・キャリアドック制度を導入し、適用した場合に助成

47.5 万円
<60万円>

教育訓練休暇等制度 教育訓練休暇制度又は教育訓練短時間勤務制度を導入し、適用した場合に助成  47.5 万円
<60万円>
職業能力検定
制度導入コース

 

技能検定合格報奨金制度 技能検定に合格した従業員に報奨金を支給する制度を導入し、適用した場合に助成

47.5 万円
<60万円>

社内検定制度

社内検定制度を導入し、実施した場合に助成

47.5 万円
<60万円>

※<>の金額は生産性要件を満たした場合の金額となります。

主な支給要件

適用人数・適用日数

事業主が導入・適用計画届を提出する際は下記の表1の企業全体の雇用する被保険者数に応じた
最低適用人数以上の人数に導入する制度を適用してください。

ただし教育訓練休暇等制度については表2の被保険者数に応じた適用延べ日数以上の休暇の取得が
必要となります。

なお、最低適用人数については、
制度導入・適用計画届(制度導入様式第1号)提出時に満たされている必要があります。
そのため、「制度導入・適用計画届提出時は被保険者でないが、
2か月後には被保険者を2名採用する予定」など、
提出時点で下記の最低適用人数を満たしていない場合は不認定となります。

無料診断実施中! お気軽にご相談下さい 082-233-8845 受付時間平日 9:00-18:00