両立支援等助成金(出生時両立支援コース)

両立支援等助成金(出生時両立支援コース)の概要・ポイント

男性が育児休業を取得しやすい職場風土作りの取組を行い、男性に一定期間の連続した育児休業を取得させた事業主に支給されます。

このような企業様にオススメ!

・仕事と育児を両立できる職場環境を実現したい…

・新たな福利厚生を導入し、離職率の高止まりを改善したい…

 

 

 

ここがポイント

女性の育児休業を取り入れている企業は多いです。

実際に日本全体で見ても、女性社員の育児休業取得率は81.8%とほとんどの方が取得されています。
一方で男性の育児休業取得率は3.2%と依然低いままです。
※厚生労働省「雇用均等基本調査(確報)」(2016年度)出典

女性の社会進出や、共働きの増加などに伴い、育児を女性のみに任せて、男性は働くというありかたは続きません。

突然職場から、男性社員が育児のために退職してしまうという事態を防ぐためにも、両立支援等助成金(出生時両立支援コース)を利用して、制度作りをしていきませんか?

助成に必要な育児休業は連続5日以上と、取り組みやすい点がこの助成金の特徴です。

人事労務のプロである社労士事務所だからこそ、ご提案できる助成金の活用方法があります。
少しでもご興味があれば、無料相談にお申込みください。

支給額

 

 

 

 

 ※< >は生産性の向上が認められる場合の額

必要な取り組み

男性が育児休業を取得しやすい職場風土づくりのために以下のような取組を行うこと。

・男性労働者に対する育児休業制度の利用促進のための資料等の周知
・子が産まれた男性労働者への管理職による育休取得勧奨
・男性の育休取得についての管理職向けの研修の実施

男性が子の出生後8週間以内に開始する連続14日以上(中小企業は連続5日以上)の育児休業を取得すること。

 

平成30年度 最新助成金の最新記事

無料診断実施中! お気軽にご相談下さい 082-233-8845 受付時間平日 9:00-18:00